京念珠製造卸事業

「すべてはお客様のために。」

株式会社意匠京念珠板倉は家庭用から業務用までの意匠京念珠の企画・製造・卸売りを行なっている製造卸業者です。

板倉でしか作れない、
こだわり京念珠

一つひとつ丁寧に、心をこめて作ります

念珠は、故人を偲ぶときに使う大切なもの。
念珠は「念ずる珠」とかくように、心のお守りとなります。
時には、ふとした瞬間に見るだけで、あるいは触るだけで心安らぐ拠り所として使っていただけるように、一つひとつ丁寧に、心をこめて作ります。

喜芳は、日常生活で京の四季折々に触れて美しいと感じた色合いや、歌舞伎・茶道・生け花といった京文化から学んだことから創作念珠を発想しました。
板倉の念珠は、喜芳の創作のルーツとなった「自然物の色合い」や「京文化」を念珠へ取り入れています。

喜芳工房

70年の歴史を持つ京念珠の老舗

板倉の技術

軸部分の飾り結び

念珠の美しさを決めるといわれる軸部分。
一般的な飾り結びとは一線を画し、手作業で仕上げる美しい飾り結びで仕上げています。
※ 意匠登録済み。世界で唯一板倉だけがご提供出来る、独自技術製法です

二色の芯糸が産み出す美しさ「京のいろは」

芯糸がふたつの色で彩られた技術です。 水晶などの透明度の高い玉に、2色の芯糸が石の奥から美しく映えます。
光の加減や、見る角度によって見える芯糸の色が異なったり、二色が調和して見えたり、絶妙な美しさです。
※ 意匠登録済み。世界で唯一板倉だけがご提供出来る、独自技術製法です

一粒一粒見極めて仕入れる「珠」

念珠の基本となる石は、質の良い物を選びます。職人自ら信頼できる問屋で買い付けを行います。ご希望の珠をお探ししお仕立てすることなども可能です。

カラーリストによる、色の特性を引き出す「配色」

石のもつ特性や、人が色を見たときの心理的効果を最大限に引き出す組み合わせを日々研究しています。

京都の伝統職人が仕立てる「房」

京都の伝統職人が仕立てた高い品質の正絹を使用しています。数本の差し色をいれるなどのご要望にお応えすることも可能です。

長くお使いいただくために「高級桐箱」

私たちは、お客様の目に触れるものすべてにこだわっています。高級桐箱と中板には板倉の毛筆筆耕をいれ、念珠に合わせたカラーで装飾しています。その後、一つひとつ、真心をこめて梱包しています。

喜芳工房の職人

板倉は、喜芳が健在であった時から現在に至るまで、職人を社内で養成しています。この職人たちが所属する工房を「喜芳工房」と呼んでいます。

それぞれの分野のスペシャリストを養成

喜芳は、弟子の一人ひとりの適正を見極めて、それぞれが得意な工程の技術を伸ばすことを大事にしていました。
そのため、職人はそれぞれ得意な分野が「珠をとおす」、「軸を編む」、「房を付ける」、などはっきりと分かれています。

その結果として、一つひとつの工程のスペシャリストが育成されています。
各工程で高い品質のパーツが仕立てられているため、最終的にすべてを組み合わせたときに、クオリティの高い製品に仕上がります。

通信販売事業

特選の品を通信販売しています

株式会社意匠京念珠板倉が製造した製品の一部を、通信販売しています。

最適なご提案をさせていただきます

お気軽にお問合せください

是非一度お気軽にお問い合わせいただき、京念珠をお手に取ってご覧いただけますと幸いで御座います。
季節によって取り扱っているお念珠が異なります。季節の珠や房をメインのラインナップの念珠に取り入れています。

各宗派の本式や略式はもちろんのこと、ご希望のお色の珠などでオーダーメイドでご対応させて頂くことも可能です。
お探しの材質や色目やご予算など、「こんなことは難しいかな……」と思われるようなこだわりもご遠慮なくご相談ください。
喜芳直伝の技術を受け継いだ職人がお一人おひとりのご要望を具現化します。

関西一円であればサンプルをお持ちしてお話しをお伺いさせて頂きます。 名古屋と富山には隔月で担当者が参りますので、直接お会いしてお話しさせて頂くことが可能です。
その他の地域には、郵送でご対応させて頂きます。

ひとつからご注文可能です

月々の固定費や最低取引額などの制限はございません。
ご入用の際に、必要な分をご発注頂くことが可能です。
個人の方や、個人事業主の方からのお問合せももちろん大歓迎です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

またお問い合わせ頂いた方に対して、営業のお電話などはしておりませんので、ご安心くださいませ。